お腹が引っ込む産後の矯正

産後骨盤が緩むというような話を聞いたことがある人も多いでしょう。
体を冷やしやすくなったり、お通じが悪くなったり、
体のある部分が痛いだとか太りやすくなったという事もあると思います。
ですから出産してから骨盤矯正をしようと思う女性も多いと思いますが、
出産の後にする矯正と、それ以外の骨盤矯正は少し違います。
普通の矯正は精神的疲労や体の一部を酷使、
逆に全く使わない事からくる背骨や骨盤のずれをなおすものです。
出産後にする矯正は骨盤が緩んでいるのをなおす事が目的なのです。
妊娠後期になると骨盤がどんどん緩くなっていきます。
出産時に赤ん坊を出しやすくするため骨盤が広がっていくのです。
帝王切開とそうでない場合でも違ってきます。
前者は骨盤の下の方は変わりませんが、後者は上下ともに広がります。

 

上記の状態で放置していると痛みを感じるようになっています。
骨盤の位置が正しい場所にないので、神経などが圧迫されます。
血行も悪くなるため以前よりも冷え性になる人もいるでしょう。
しかし産後に矯正をすればいい効果があります。
ひとつは出産後前に出てきた腹部が引っ込むことです。
骨盤の上にあるものが下にきているので、下腹が前に出てきます。
骨盤を正しい位置にすることによってこれがなおるのです。
それに骨盤がおかしくなっていたせいで背骨も位置がずれているでしょうからその位置がなおります。
痛みを減らし、将来腰痛になるリスクをなくすことができます。
産後すぐには矯正ができませんが、
一月くらいを目処にして医師や整体師に矯正を行ってもいいか相談してみるといいでしょう。

 

 

更新履歴