バランスボールで歪みをなおす

骨盤のずれからくる歪みをなおすには、
バランスボールもおすすめです。
他のダイエットなどで買ったまま使わなくなり、
しまってあるという人も多いでしょう。
バランスボールは左右均等に体重をのせなければ、
うまく座れませんね。
ですから姿勢の矯正にはもってこいなのです。
また左右だけでなく上下のいい感覚も身に付けられます。
またバランスボールを使った運動は体の内側の普段はつかわないような筋力を鍛えることができます。

 

歪みをなおすためにバランスボールを使うわけですが、
大きな筋肉を使うだけでなく小さな筋肉も使いますから、
他の運動では鍛えられない部分を刺激します。
また整体院にいったりするのはちょっと大袈裟という人でも、
テレビなどを見ながら簡単にできるのが魅力でしょう。

 

まずバランスボールを買ってから殆ど使っていない、
どうやって使ったらいいかわからないという人はボールに座ってボールを手で支えましょう。
その状態から少し跳ねてみてください。
足を床から離したりしても大丈夫ならば、
今度は手で支えるのをやめてください。
この状態を十分以上維持できるようにします。

 

家具などと背とでバランスボールを挟み、
そのまま体を下まで下ろします。
ボールを背中の同じ位置で家具や壁などと挟んだままで、
足の曲げた角度が直角になるまで体を下ろします。
これは二、三十回やるといいでしょう。

 

バランスボールには空気を入れすぎず、
少し柔らかい感触があるように調整してください。
また体が本当に辛くなるまでやってはいけません。
やりはじめは特に体に心地よい疲労感が残る程度にしておきましょう。